ブログ

「平塚市新型コロナウイルス感染症総合対策(保管版)」が発表されました

 冬場における感染症対策に万全を期すため、更なる対策を講じつつ、地域経済を回し続けることができるよう、総合対策に位置付けた取組のうち、強化すべき取組を充実させます。
 また、前例踏襲に捉われず、臨機応変に対応するため、OODAループ(観察・状況判断・意思決定・行動)を回すことで、変化する局面に応じた対策を迅速かつ的確に講じていきます。
【総額約6.4億円】

1 第2波・第3波へ備えるために(265,487千円)

  • 市民病院における診療体制の充実 91,858千円
  • 医療体制の維持確保(65歳以上の高齢者に対するインフルエンザ予防接種の無償化) 155,733千円
  • 医師会におけるPCR検査体制への支援 3,507千円
  • 避難所における感染防止 128,989千円(既存予算)
  • 感染防止に関する意識啓発 1,500千円

2 コロナ危機の中でも社会経済を回し続けるために(308,593千円)

  • キャッシュレス決済の普及推進 215,000千円(既存予算)
  • 成人式における感染防止 1,090千円
  • 福祉施設における感染防止 1,250千円
  • 保健センターにおける感染防止 1,020千円
  • 子育て支援施設における感染防止 12,046千円
  • 学校教育における感染防止 100千円
  • 修学旅行及び校外学習のキャンセル料の助成 78,087千円

3 ポストコロナを見据え、その先のまちづくりを進めるために(61,366千円)

  • キャッシュレス決済の普及推進【再掲】 215,000千円(既存予算)
  • ロボット技術や先進技術を活用した農業への支援 54,866千円
  • GIGAスクール構想における家庭学習の充実 6,500千円

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP