プロフィール

渡部りょう

代官町在住。1979年生まれ。菫平幼、花水小、浜岳中、平塚江南高、神奈川大卒、慶應義塾大学大学院修了。平塚市役所に15年勤務。家族は妻、娘(4歳)。
2015年に舌がん(ステージ4)と告知され、舌半分と首のリンパ節を切除し生還。2016年にスノーボードデモンストレーターに選ばれる。2017年に全日本スノーボート技術選手権大会で準優勝。2018年12月に平塚市役所を退職。
[役職]
・全日本スキー連盟SAJスノーボードデモンストレーター
・元PSA-ASIAプロスノーボーダー
・日本ろう者スキー協会アルペンスノーボードチームコーチ
・平塚市ラグビーフットボール協会理事
・NANOSH湘南(スキー・スノーボードクラブ)会長
・代官町自治会青少年部長
・平塚青年会議所会員
[資格]
・全日本スキー連盟スノーボード正指導員
・健康・体力づくり事業財団健康運動指導士
[趣味] サーフィン、スタンドアップハドルボード、旅行

渡部りょうの想い

 平塚生まれの平塚育ち、市役所に勤務し、週末はビーチスポーツを楽しみ、平塚と共に生きてきました。まちも人もあたたかく、海、山、川に囲まれ自然環境が良く住みやすい平塚が、私は大好きです。
 一方で、平塚市の財政状況は悪化しており、行政サービスが低下していくのが気がかりでした。舌がんから生還して、はっきりと“自分が変えよう”と決意しました。
 市民にとって最適な行政サービスを最小のコストで提供できる体質に変え、子育て世代も、高齢者も、病気や障がいがあっても安心して暮らせるまちにしたいと思います。
 命をかけて「人生一度しかない」と学びました。構音・嚥下障害は残りましたが、体力、気力に満ちています。平塚がこれからも素敵なまちであり続けるために全力を尽くします。

学歴・職歴

  1. 1982年 菫平幼稚園入園
  2. 1985年 平塚市立花水小学校入学
  3. 1992年 平塚市立浜岳中学校入学
  4. 1995年 神奈川県立平塚江南高等学校入学
  5. 1999年 神奈川大学経営学部入学
  6. 2004年 平塚市役所に入庁。教育委員会教育総務課に配属
  7. 2007年 平塚市教育委員会スポーツ課に転属
  8. 2012年 慶應義塾大学大学院健康マネジメント修士号取得

スノーボード略歴

  1. 1993年 スノーボードをはじめる
  2. 1996年 日本スノーボード協会(以下、JSBA)全日本選手権で2位を受賞。世界ジュニア選手権(日本・石川県)代表に選出
  3. 1997年 世界ジュニア選手権(フィンランド・ルカ)代表に選出
  4. 1998年 世界ジュニア選手権(スイス・グリンデルヴァルト)代表に選出
  5. 2003年 神奈川大学スポーツ優秀選手に選出
  6. 2006年 PSA-ASIAプロスノーボーダー資格を取得
  7. 2012年 公益財団法人全日本スキー連盟(以下、SAJ)全日本技術選手権で10位入賞
  8. 2013年 SAJ全日本技術選手権で7位入賞
  9. 2015年 SAJ全日本技術選手権で6位入賞
  10. 2016年 SAJ全日本技術選手権で5位入賞。SAJスノーボードデモンストレーター初認定
  11. 2017年 SAJ全日本技術選手権で2位を受賞
  12. 2018年 SAJ全日本技術選手権で8位入賞。SAJスノーボードデモンストレーター2期連続認定
PAGE TOP